読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わにわに

朝山実が、読んだ本のことなど

バラク、バラク、バラク、

ノイズ

集団的自衛権の論議は「安保条約」とセットで考えるべきこと、

という論者に、なるほど、と思う。

アメリカにしてもらうだけでいいのか、日本も同盟国なんだからアメリカが有事の際は貢献しないと、いざという時に守ってもらえないよ、という対等にリスクを担おうという主張。もっともらしいんだが、一つ大事なことを見落としているところがあるという。

というか、わざと触れようとせず、避けているのでは?というのだ。

そもそも、「日米安保条約」で、日本は沖縄をはじめ「米軍基地」を提供し、莫大な「思いやり予算」と、不平等条約そのものの「地位協定」で特権を与えてきた。それは、日本が軍隊を持たない代わりの債務として負担してきた。でも、今後は自衛隊がアメリカのために危険な行動をとるのも当然というのならば、少なくとも片務的で問題の多い「地位協定」の見直しとセットでないとおかしい。そうでないと、日本は偏った負担を強いられることになる。

しかし、なぜか、日本の首相は「義務」を強調し、この件についてはスルーしているというのだ。

勇ましのはいいけど、だれの利益の代弁者なんだ、てことだ。

そういえば、アベさんて、オバマ大統領が来日したときさかんに、バラクは、バラクが、バラク、と敬称抜きで呼びかけていたけど、「アベ首相」と返されたなあ。

しょうがなく、オバマ大統領と言いあらためていたのが、キマズイ、イタすぎて、かわいそうに見えたな。昔から、ほしくても友達できなかったんだろうか。一介のライターに同情されてどうするよだけど(笑)。読まないというか空気読めないというか、自衛権騒動も、過剰なプレゼント持ってお誕生会にやって来た子みたいだな。

吉田司AERAの「現代の肖像」で、現代の坊ちゃん宰相として書いたらと読みたいと思うけど、依頼せんよな。

 

 

 

インタビューライター・朝山実 近著 『父の戒名をつけてみました』(中央公論新社) 『アフター・ザ・レッド 連合赤軍兵士たちの40年』(角川書店) 『イッセー尾形の人生コーチング』(日経BP社)etc. 不定期連載 「日刊チェンマイ新聞」"朝山実の、という本の話" http://www.norththai.jp/