わにわに

朝山実が、読んだ本のことなど

『THE ABSENCE OF TWO』(青幻舎)が話題の 写真家・吉田亮人さんに話を聞いた(後編)


会ったこともない他人なのに、なぜか郷愁に誘われる。祖母と従弟の生活を記録した『THE ABSENCE OF TWO』(青幻舎)を出された、 写真家・吉田亮人さんのロングインタビュー(後編)をupしました。

30を前にして、小学校の教員をやめ、写真家になる。ずっと写真家になりたいと思っていたとかいうのではない。ある日、妻が言った言葉が転機になったという。吉田さんはこれまで何度もそのことを話しては「それ盛っていませんか?」と言われるそうだ。
吉田さんの話を聞くうち、面白いひとだなぁと思った。吉田さんもそうだけど、吉田さんの奥さんが。

それに、すすすっとカメラマン人生を歩んできたかのようにも見える(ゆったりとした口調で、俺が俺が感がまるでない)のだが、写真家を志していちばんにした撮影が痛恨の出来事で、前史にあたるこの一件が、このひとの核はここなんだなぁと思った。

f:id:waniwanio:20190320092048j:plain

2018年12月 東京・墨田区のRPSギャラリーに展示されていた、『THE ABSENCE OF TWO』(青幻舎)の前に出された私家版。

 

 

吉田さん(以下、略)  高校を卒業する前に、何をしようかと考えていたら、ばあちゃんに「あんたはやさしいから、身体が悪い人だとかのためになるような仕事はどうや?」と言われたことがあって。そっちの仕事を探していたら、理学療法士というのを知ったんですよ。

 本に記されている吉田さんの経歴を見て惹かれたのが、小学校の教員をしていたこと、その前はタイで日本語教師をし、大学では障害児教育を専攻していたことだった。専門学校を卒業して写真家になったというのではない。大学の専攻が障害児教育という経歴も異色におもえた。

 宮崎の実家のちかくに理学療法士の専門学校があったので、卒業したらそこに行こうと思っていたんです。
 高校3年の担任の先生に言ったら、「おまえは大学に入っていろんな世界を知ったほうがいいぞ」。推薦してやるし、学校も俺が探してといてやるからって。推薦入試で受かったのが滋賀大学教育学部だったんです。
 入ってみたら、考えていたのと違った。まわりはみんな先生になりたいやつばっかりで。しかも、宮崎から滋賀県にひとりで出てきて、言葉もなじめない。だんだん学校に行かなくなり、部屋でゲームばっかりして、引きこもりのような状態やったんです。

──そうなんですか。

 それで「学校辞めるわ」と親に言ったら、行かなくてもいいから2年生まではやってみろ、と親父に言われた。
 それで、たまたまなんですけど、翌年の春に久しぶりに学校に行ったら、いまでも親友の三人と出会えた。「一緒にライブせえへん?」って学園祭があるからって声をかけられんですよ。
 なんで俺なんやろう? でも、やりたいこともないし。やってみようかって。友達はいろんなことを知っているヤツらで、音楽とか映画とか僕の知らないカルチャーをもっていて、すごい影響を受けたんです。

──それまでにバンドとかやったことは?

 楽器なんかやったことなかったので、ビートルズからはじめて。音楽をやるのが大学生活の目標になり、めっちゃ楽しくなっていったんです。

f:id:waniwanio:20190320094122j:plain

RPSギャラリーで

 

f:id:waniwanio:20190309123558j:plain

普及版の『THE ABSENCE OF TWO』(青幻舎)



以降は、noteをご覧ください👇

 

note.mu

『THE ABSENCE OF TWO』(青幻舎)の写真家・吉田亮人さんをインタビューしました

f:id:waniwanio:20190309123413j:plain

 

先日、週刊朝日の「書いた人」という書評欄で取材させてもらった、写真家の吉田亮人さん。

記事では、孫と祖母の穏やかな暮らしを撮影した『THE ABSENCE OF TWO』(青幻舎)を出版するにいたった経緯を書きました。

インタビューの際にうかがった細かなことが面白く、載せられなかったことをnoteにupしています👇

──おばあちゃんの爪を切ってあげている、手のアップの写真がいいですね。

吉田さん(以下、略) 「爪きりのシークエンス(連続)のあとに、見開きで大きく見せているのは、アートディレクター(松本久木)のアイデアなんです。この爪切りのカット、じつはオリジナル版(2017年製作の私家本)には入れてなかった。
 アートディレクターから、これは作品を象徴する一枚だから、ぜったい入れるべきだと言われた。爪が伸びるというのは「生命」を表し、孫の大輝がばあちゃんの爪をパチンと切る。甲斐甲斐しく見える写真だけど、その後に起きることを知ると、じつは恐い写真でもある。すごい写真なんだと断言され、「おまえの想像力、すごいわ」って。そういう見方があるのなら、入れようとなったんです」
 

「大輝」は、吉田さんの10歳下の従弟にあたる。「ばあちゃん」は吉田さんの母方の祖母で、名前は「雪見」。親密なふたりの生活の様子が収められている。アートディレクターとは、本造りの過程で幾度も意見をたたかわせたが、尊敬を込め「作品のことをいちばんに考えるすごいヤツ」だという。

『THE ABSENCE OF TWO』には、近所の人や他の家族の姿がなく、室内や縁側にいるところを撮影したものが多い。しかし、ギャラリーでの展示を見ると、写真集には収録されていない、外出した先でのふたり以外の人の姿もある。

 

「撮った写真は、ぜんぶアートディレクターに見せ、その上で議論し「これは6畳の部屋と、縁側の写真だけで構成しよう」となった。荒木経惟さんがベランダの写真をよく撮っているでしょう。それと同じように、この作品は縁側がひとつの象徴だといわれた。
 たとえば、この見開きの写真(と写真集を開く)です。縁側に大輝がいて、家の中にばあちゃんがいる。見返してみたら、たしかに縁側の写真がけっこうあるんです。ふたりで座ってぼんやりとしているのとか」

──撮影中、それは意識されていなかった?

「してないです、もちろん。本を立ち上げるときになって気づいたことで、アートディクレターに言われて「縁側は彼岸と此岸的な隠れキーワード」として共有するようになった」

──この写真、大輝さんがすごくいい顔で笑っていますよね。ばあちゃんの視線は吉田さんの方にある。三人で何をしゃべっていたんですか。

「何しゃべっていたんでしょうね(笑)。三人でいても、たいしたことは話していないですから。ばあちゃんはいつも大輝に文句を言っていて。学校から帰るのが遅いとか。言いながら、嬉しそうにしているんですよね」



「ばあちゃん」の孫は吉田さん、大輝さんを含め6人。中でも、過ごした時間の多さから祖母にとっては吉田さんと大輝さんは特別な存在だったという。
 この日のインタビューは週刊朝日の「書いた人」という書評欄の仕事で、いつもどおり本の感想から入ったのだが、写真集をめくりながら、わたしの母親が高齢で自分を産み、小学校の参観日に教室の後ろに立っている母が浮いていて恥ずかしいと思ったことなど遠い昔の記憶を口にしていた。
 その間、吉田さんは「うん、うん」「ふんふん」と穏やかに耳を傾けている。聞き手と話し手が逆転していた。話し出すと止まらなかった。本来やっちゃいけないことなんだが。でも、吉田さんは、この写真集は、見たひとが自身の家族の話をとつぜん話しはじめるというのはよくあることだという。


「面白いなぁと思うのは、見る人のバックグラウンドで、いろんな見え方をするんだなという。いい意味でも悪い意味でも。なかには悪意のある見方をされることもありますし」

──悪意というと?

つづきは👇

他人なのに、なぜか自分の家族を追想する祖母と孫の写真集が話題の、吉田亮人さんに話を聞きました|朝山実|note

 

 

f:id:waniwanio:20190309121001j:plain

東京・墨田区のRPSギャラリーにて。

 

 

 

f:id:waniwanio:20190309123558j:plain

 

 

吉田さんのことを知ったのは、ここぞというときに撮影を依頼されているという杉本恭子さんの記事を見て、いつか写真を見てみたいと思ったのがきっかけでした👇

 

greenz.jp

 

週刊朝日の記事はコチラで見られます👇

dot.asahi.com

インタビューライター・朝山実 近著 『父の戒名をつけてみました』(中央公論新社) 『アフター・ザ・レッド 連合赤軍兵士たちの40年』(角川書店) 『イッセー尾形の人生コーチング』(日経BP社)etc. 不定期連載 「日刊チェンマイ新聞」"朝山実の、という本の話" http://www.norththai.jp/